仕込みからお客様に提供するまで9時間以上 気の遠くなる作業を経て完成する、究極のりんごパイ 甲子園口りんごパイ
  • 波瀾万丈の人生
  • 私の経営理念
  • さらに1つ上へ
  • イメージケーキプロジェクト
  • フランス菓子と世界のお菓子
  • 店舗情報とアクセス

Message

フランス語である【Double décoré】は直訳すると「二重装飾」というすこし変な意味になります。
でも…私がこの店名に込めたのは「飾る」という目に見える意味を超えた想い。
自分自身のなかにある、お店に対する想いのすべて、です。

■デ:「出会い」このお店の開業にあたり、さまざまな方に出会いました。すでに出会っていた方々からも、たくさん助けられました。そして、あらためて学んだ、ひととの出会いの大切さ。 だからこそ、今度はこの場所で デコレにきてくださるお客さまとの『出会い』を大切にしていきたい。「きてよかった」そう思っていただけるお店を長く続けていきたい、と思っています。/■コ:「こころ」ひとつひとつのお菓子に心をこめて。ひとりひとりのお客さまに心をこめて。そして、支えてくれているスタッフや家族へも心をもって…デコレの『こころ』にはそんな願いが込められています。/■レ:「礼節」元気な挨拶、きちんとした言葉遣い、細やかな心遣い。お客さまだけでなく、身近なスタッフ、ご近所のみなさまへそんな、当たり前のおもてなしを、当たり前に届けていくために…日本人が忘れかけている『礼節』を大事にしていきます。

「おいしい」とか「素材にこだわっている」というのは食を提供するものにとっては当たり前のこと、だと思うのです。そんな表面的なことではない、当たり前以上の何か。
一軒のちいさな洋菓子店だからこそ伝えられる、その大きな何か。
めぐる想いのなかでたどり着いたのがひととの『出会い』であり、ひとの『こころ』であり、日本人が持つ『礼節』でした。

その想いを'二重に''二倍に'届けていけるように「ドゥーブル・デコレ」は、ここに、誕生しました。